古川さんの”クライスラー”制作記25

フリッツ・クライスラーは“愛のあいさつ”"愛の喜び””愛の悲しみ”などの名曲がある。デルジェスの1715年作はクライスラーが愛用したことで”クライスラー”の名称がついている。膠、テープあとの汚れをきれいに落としまっさらなホワイトヴァイオリンを現出、エンドマクラを貼付、地板を張って出来上がりとなる・・。

菊池さんの”DAVIDOV”制作記37

84歳翁、元気だ小田原から毎週通ってくる。5階建てマンションの階段を毎日上り下りするという。すごい体力である。ダヴィドフのアンジュレーションをバルサで創り、。小カンナを使い忠実に写す。大体仕上がってきた。3年越しのチェロ、もうすぐか?そんなことで、チェロの練習も始めたもともとヴァイオリン奏者、弦楽器慣れしてあっという間にボーイングはできた!?

東園さんの”Sleeping・Beauty”制作記2

氏、”Beauty”の2作目に意欲満々である。今回は奥方の協力を得ながら氏のオリジナル作品が出来上がる。16X2のmmのシナベニアにBeautyの型をトレース、バンド・ソーで切りぬく。ヴァーティカル、平面を徹底追及。出来上がった!?、もう一つの顔であるチェロ・レッスン教室。三田さん菊池さん、篠田さんに懇切丁寧に教える。彼の本質”優しさ”がチェロ教室の先生にぴったりである・・・。

堀井さんの”IL・CANNON”制作記7

堀井さん3台目となると弦楽器作家として自信満々の梯。天、地板のアンジュレーションを整え。見事のパーフリングラインを削りだした。1・2mmの溝を丁寧にあける。パーフリングを入れ込むところで時間切れ!? 。

大西さんの"Titian"制作記4

ジュエリー作家の氏仕事は実に正確、丁寧である。1枚板の厚い部分を切り出し、側板として使う。氏でなければ考えられない?デザイン感覚である。6mmの板をのこで3枚卸にする。見事なものである。而してこの”ドヤ顔”となる。

浜崎さんの "DAVIDOV"制作記53

ターヘー楽団のコンサートマスター吉野君の急逝以来、久々の登場。しょっちゅうベートーヴェン、モーツアルトを練習した仲間の急逝はショックであった。浜崎氏も多分そうであったはずで、中々チェロ創りまで気分が乗らないようであった・・・。久しぶりの制作、天板の削りから入る、地板は、ほぼ完了している。天板の縁を5mm厚に統一、パーフリングの準備に入る。

篠田さんの”MESSIA”制作記1

ダヴィドフの完成に伴い、"MESSIA"を創るという・・。そのタフさに感心するばかり、1日で2回しか塗れないニス、時間が開くということで、ヴァイオリンを創るという、時間を無駄にしない?せっかちどちらも彼女の性格である。多分2ヶ月で完成か??

三田さんの”ピエトロ・ジャコモ・ルジェーリ”制作記56

三田さんじっくり2年半かけて完成に近付く、最後の難関ネックにかかる。まず、ピエトロのポスターからヘッドをトレース、きりぬく。さらに美しいピエトロのフォルムを丁寧に削りだす。ヘッドから480mm、角度83度にし裏側の稜線をやすりと小カンナで、きれいに削りだす。

篠田さんのDAVIDOV制作記37

色決めの工程で黒の扱いが難しい。GERVに黒を6滴、この具合で数回塗る。全行程30回塗るため、慎重に適合を見ながら、進める・・。

東園さんの”Sleaping・Beauty" 制作記1

東園さん、2回目のビューティーの制作である。なんでもそうであるが、無我夢中で創った1作目・・・。何か物足りなさは感じるのが普通の感情である。小生、自分作30ン台であるが、気に入った作品は3台である。そんな、自分なりの気に食わない部分を改めて、再創作。さらに奥様の協力を得てちょっと違う作品にしたいという。シナベニア、16mmX70mmX90mmにビューティーの寸法を写す。乞うご期待である。

篠田さんの”DAVIDOV"制作記36

今年2月に始めた”DAVIDOV”制作。1年ちょっとで完成は今までの記録である。早いだけがいいとは言えないが、素晴らしい出来栄えが、評価される。アンダーサドルを美しく仕込み。いよいよニスの色決めでためし塗り、万全の態勢を取る。目止めのクリアニス、2度ほど塗る。さらにそれをはがし元の木地肌にして、サンセット・カラーの根幹GELBを3回塗る。さあ!いよいよ画家篠田さんの好みの本番カラーを決める?!

古川さんの”クライスラー”制作記24

氏、大分出来上がってきた。ネックの仕込み、アリ加工が難しい。大体の仕込が出来てきたら、中身のあんこ(モールド)を外す、準備をしながらアリに押し込む・・。さあ!!出来上がりも近い。

菊池さんの”DAVIDOV”制作記36

菊池さん、いよいよ佳境になってきた。ダビドフのアンジュレーションをバルサ材に写しこむ。アーチ表を創る。さらに気の遠くなるような、削りを延々続ける。だんだん仕上がってきた。

篠田さんの”DAVIDOV”制作記35

さあ!中のあんこ外しである。もうちょっとモールドを簡単に外す、創りを考えなくてはならない・・・。いつもそおいいながらいいアイデアのモールドができない。課題である。篠田さん四苦八苦しながら、のこ、のみ、カンナで仕上げる。すごい根性と情熱だ!!画家である篠田さん。オリジナルのラヴェルを張り、いよいよダヴィドフのホワイトチェロを閉じる。してやったりの”ドヤ顔”である。

古川さんの”クライスラー”制作記23

古川氏、大胆かつ荒い制作態度であるが、さすがにネック仕込は丁寧に繊細に挑んでいる。これを間違えると全部最初からやり直しとなる。仕込角度83°、天板から6mm、地板、側板から6mm、角度を保ってのみを使う。

三田さんの”ピエトロ・ジャコモ・ルジェーリ”制作記55

新居もようやく落ち着いてきたらしい。余裕も出て庭創りに専念している。奥さまの要望を聞き、リンゴとブドウを徹底してやっているという。飲んだくれの三田さん、変われば変わる、最近は飲みすぎるな!!と わしに説教する。驚いた。・・・・。平面、直角しっかり出し、直角のペグ・ホールをあけ、いよいよ削りだし・・。うまくいったとこの”ドヤ顔”となった。

堀井さん”IL・CANNON”制作記6

自宅工房の威力を発揮、着々と進行している。内側のブロックを整形まず天板を仮止めする。パーフリングに向け、地板も整える。最近はオケでベートーベン”運命”を弾いているという、VN制作、CELLO演奏、なんでもやっている。

アーカイブ
記事一覧

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020