T氏の”IL・CANNON”制作記7

T氏、C字コーナーの削りに入る、イル・キャノンはデルジェスがわざとか?失敗か?デザイン上か?C字コーナーは反転している。そこを忠実に再現すべく、削る・・。曲げる面は、1mm-1・1mmこれ以上だと大体折れる。氏、慎重に削る。

東園氏の”Sleeping・Beauty”制作記7

最高の、材料を用意最高の気合でもっと自分に合ったチェロの音創りに挑んでいる。氏は”湘南オケ”のチェリスト、音の追求は半端ない…。C字コーナーの曲げに挑む、最高の材料は曲げに弱い。丁寧に厚みを整え曲げ加工に挑む。幸いきれいに曲がった。時間をかけただけに、美しいラインが出来上がった。あとはにかわ付け、これがまた大変。今や4人の弟子を抱えるお師匠さん。丁寧な教えは評判が良い・・・。

篠田さんの”MESSIA”制作記10

篠田さんのスピード感は半端ない。早くも完成の域である。パーフリングも完璧に終え、天・地板の大体のバランスを整える。事前に作成していた、アンジュレーション・ゲージを当てすっかりメシアの表面のアーチに仕上げる。あとは仕上げに向かって突き進む・・・・!!ゾノ先生によるとレッスンの上達も”半端ない”とおっしゃる!!

菊池さんの”DAVIDOV”制作記43

創って弾く、工房是に忠実に守ってくれる氏である。表板の厚みを3㎝四方の感覚で整えていく、ポツ単位の寸法を追求する。音の根幹である厚み。STRADの指定通りに整える。実に根気のいる仕事である。終わって楽しみのチェロレッスンである。ゾノ先生に教わりこれもずいぶん上達した・・・。

T氏の”IL・CANNON”制作記7

技術者だった氏、ものすごく丁寧な仕事ぶり、C字ブロックの形成である。テンプレートより、ブロックに転写、のみで荒削りヴァーティカルを追求しながらやすりを使う。実にな仕事ぶりである。C字コーナーの完成である。次は側板削りとなる。

東園氏の”Sleeping・Beauty”制作記6

今回2台目の”ビューテイー”に挑戦している。ミドル・ヴァウツの完璧な直角を追求し終え、側板の削りと曲げに挑む。鋭角に曲げるC字部分は1・1-1・3mm迄、丁寧に削る。さあ曲げ!?アッ?折れた。もう一回曲げなおしとなる・・・。

古川さんの”クライスラー”制作記33

古川さん、チェロ1台、ヴィオラ1台、ヴァイオリン1台、とクアルテットを制作してきたがいよいよ完成のときが来た。ストラディヴァリも、別名”サンライズ”、”パガニーニ ”の2セットがあるだけである・・13年”メシア”14年”ブラザー・アマティー”15年”DE ・MUNCK”と完成させてきた。氏の熱意に頭が下がる。仕上がった”クライスラー”の魂柱を立て、ブリッジを表面のアンジュレーション通りに創る。おそろいのテールピース、ペグをそろえ、アッパー・サドルの弦の位置を決めいよいよ弦を張る。さあ!!音だし、依然、和美先生からの特訓のレッスンで”初恋”を朗々と奏でる。ボリュームのある低音、美しい高音、大満足の仕上がりであった。クアルテットの完成である。

アーカイブ
記事一覧

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020