地代所万里さんの”ALARD"制作記7


万里さん、本格クレモナ手法を学ぼうという・・。省力化のためには電動を使う。手短で、早い作業ができる。万里さんそれを嫌い、鑿で重労働の削りを選ぶ。ストラド時代の原点に返る‥‥万里さん本気だ!!手に豆を創りながら、この”どや顔”となる。