上村さんのSTRAD”DE・MUNCK"制作記4

氏、祐天寺から通ってくる。昔若かりし頃の老生も青山シンフォニーの練習で祐天寺に通ったものである。なつかしさを覚える地名である。モールドの C字コーナーカンセーーイ。側板の出幅調整、アンダー・ブロックの直角完成、続々、カンセーイの声が聞こえる。そんななか”ボキツ!!”いやな音が聞こえた。肝心な時、順調な時、往々にして起きる・・・・・事故。こういう経験がこの芸術にはつきものである。削り直し、曲げ直し…。次回‥に期待!!