仲込さんの”Titian”制作記3

順調すぎるC字コーナーの仕上がりであったが??やはり順調の影があった。ブロックの削りミス3回、アンダーバウツの長さを間違えてぶった切る・・・・?1年発起、計算間違えを克服、見事に原状回復。どうにか?モールドの完成に近付いた。この芸術は失敗から見事な完成が生まれる。氏はその典型である。





















アーカイブ