古川さんの”ガスパロ・ダ・サロ”制作記、7

古川さん、大ベテランに入ってきた。ヴァイオリン2台、ヴィオラ1台、チェロ1台、

さらにこのガスパロヴィオラである。なれたものでてきぱきと進める。最初は、やすりで地道に周囲の出幅を丁寧に削っていたが。ギターなどでよく使うスピンドル・サンダーを使ってあっという間に4mmの出幅を決めた…。利器である