地代所万里さんの”ALARD”制作記1

新人、地代所万里さんは、ガルネリ・デルジェス”ALARD”1742年、を制作すると決める…。娘、息子、ともにヴァイオリニスト。子供たちに音楽の楽しみを仕込むママさんの意気込みを感ずる。さらに自ら制作した、ヴァイオリンを子供たちに提供する。まさに音楽教育の根幹を万里さん実行しようとしている。まず、ポスターからテンプレートを忠実に作る。外周4mmをコンパスでトレース、バンドソーで丁寧にカット。さらにやすり、ナイフでポツ単位を追及する。テンプレートの完成・・。さらに、そのテンプレートを基準に

5・5mmのシナベニアにトレース。デルジェスのモールドの完成である。