地代所万里さんの”ALARD"制作記15

万里さんの加入で当工房活気が出てきた。Timeのコーナーも充実してきた。茶人岡部さんの茶菓に美味しく舌つつみをうつ万里さん。こういう姿勢がみんなに明るさをもたらす。

いよいよ表面を終了、楽器の音の生命である、内面のポツ単位の厚み。