大内さんの "GASPARO・DA・SARO"制作記7


大内さん、工作は得意中の得意。のみ、カンナ、ノコの使い方は相当ベテランである。そんな、みーたん、あれ!!どうした?せっかくはいだ、天板、真っ二つに切っている。そう!平面が出ていなかった。やり直しである。弦楽器創りはこれがある。決して一発では終わらない、失敗の連続である。ここを耐えていい楽器が出来上がる。チェロ用のハタガネでがっちり止めて完了である。












アーカイブ