大内さんの”GASUPARO・DA・SALO"制作記16

難関パーフリングに挑む、大内さんである。これは細心の注意と、じっくり挑む精神が必要となってくる。ポスターの様に2重ライン、アラヴェスクライン、パーフリングカッターで切りながら、掘りながら、根気が必要である。出来上がった感激もひとしおであるが、生みの苦しみも大変なものである。氏、楽しんで挑んでいる。続いてネックのシンメトリー、難関ぞろいの制作である。
















アーカイブ