山岡さんの”ガスパロ・ダ・サロ”制作記1

ヴィオラ弾きには、自分に合ったヴィオラを創るのが理想である。と言う、氏、縦計40cmくらいが理想的と言う・・。それにはガスパロがマッチする。さっそく設計図から1・5mmの合板にトレース。あっという間にテンプレートの完成である。さらにそのテンプレートを15mmの合板にトレース。バンド・ソーで切り抜き。ガスパロのモールドのカンセーイである。なかなか手際よく怒涛の6時間が終わった。



























アーカイブ