top of page

山岡さんの”GASPARO・DA・SALO"制作記17

象嵌した、地板の傷。実に見事に修復。まったく傷跡がわからなくなった、此れも弦楽器制作には欠かせない技術である。粗削りが終わって本格仕上げにはいる・・・・。













Komentáře


アーカイブ
bottom of page