top of page

山岡さんの”GASPARO・DA・SALO”制作記24

氏、いま世界中で話題の月面軟着陸のチーフDR である。弦楽器制作の最難関、パーフリングの溝堀・・に挑戦している。3・5mmの出幅を完璧にし、1・5mm幅X2・1mm深さ、カッターで筋つけ、切れるナイフでそのあとをトレース。パーフリングクリーナーで取り除く。単純な作業だがこれが難しい。大体、筋を脱線する。がんばろう、月面着陸とパーフリング。











Kommentare


アーカイブ
bottom of page