斉藤さんの”MARIA"制作記44

氏、いよいよマリアの完成である。ネックの持ち手を整える、ペグの絃穴の開け、ブリッジの合わせ、カーボンを使い根元の合わせ、寸分違わぬ、フィッテイングが肝心である。魂柱入れは、小生も久しぶりに手伝ったが、戸惑ったがうまくフィットした。1年ぶりの完成である。そしてこの”どや顔”となる。













アーカイブ