池ノ内さんの”SAVEUSE"制作記8

ドクター池の内さん、自宅工房の努力有ってあっという間に、天板アンジュレーションまでたどり着いた驚異的なスピードである。ふつうは1年ー2年が普通であるが、本人のやる気が速度を速める、しかしスピードだけでなく実に正確にサヴュースのレシピ通りに進行している。














アーカイブ