篠田さんの”サヴィオナリギター”制作記7

着々とストラディヴァリ”サヴィオナリ”に挑んでいる。ボディーの寸法合わせと、曲げ加工、チェロの難しいC字コーナーをこなしているお嬢にとっていとも簡単な曲げである。あっという間にカンセーである。













アーカイブ