篠田さんの”SAVIONARI制作記12

例によって、茶人岡部さんのお菓子傑作編第3弾マドレーヌの登場である、篠田嬢うれしそうに試食である。サヴィオナリのボデイを完璧に張り終わり、いざとなったとき、発見、ボデイのずれを発見、やり直しとなり蒸気を使って剝がす。手慣れたもので、再度接着、完了続いてネックのヘッドを成型する。次の作業、次の作業と精力的に何事もなくこなすスーパーおばちゃんである。












アーカイブ