谷口さんの”GASPARO・DA・SALO”制作記1

新人、谷口さんの登場、お嬢、鎌倉方面のオケに所属するヴィオリストである。今回自分用に少し小さめのヴィオラを制作するということで当工房にきた。ヴィオラの大きいのはヴィオラ・アルタの様に60cm以上もある。自分用に38cmの”サロ”を選ぶ。バンド・ソーでテンプレートを切り抜く。さらに、50mmのシナベニアにトレース。モールドを完成。なかなかいいペースである。嫣然と微笑む。さらにヴィオリストの腕前を発揮、久しぶりのアイネク合奏となった。











アーカイブ