top of page

谷口さんの”GASPARO・DA・SALO”制作記2

ヴィオラ奏者はどこのオケに行っても歓迎される存在である。それだけヴィオラ人口は少ない。さらにかわいい人柄でみんなに好かれる。モールドの型を完璧に整え、ブロックを貼付する。さらに、天板を、ノコで外す。初めてののこぎこちないがすぐになれる…。なかなかの優れものである。難しい平面だし、直角出しが待っている。











Commentaires


アーカイブ
bottom of page