谷口さんの "GASUPARO・DA・SALO"制作記17

センスあるユーモリスト谷やん、いつも笑わせてくれる・・・。ネックの直角出しを地道にする谷やん、小カンナでやるも”ええい、めんどーだ”と大カンナで挑む。何とか、ヴァーティカルを出し、垂直のペグ穴開けに挑む。しっぱーーーい直線が出ていなかった。さらにパーフリングカッターによるガイド付け。この作業はヴァイオリン制作工程で1番2番を争う難しさ。難し―――とこの表情!!。ホントに面白谷やんである・・・。













アーカイブ