谷口さんの”GASUPARO・DA・SARO"制作記18

面白タニやんの登場である。どこのオケもヴィオリストはモテモテである。演奏会でも率先して”もぎり”をやったり、受付をやったり活躍してるらしい。今回はネック制作である。まずA5ランクの、素材を引っ張り出す。直角、平面をスタンレーで追及!だいぶかんな、ボール盤、バンド・ソー、などうまく使いこなすようになっている・・・。底面はこんな角度かしら・・・ひようきんも忘れない。













アーカイブ