三田さんのピエトロ・ジャコモ・ルジェーリ制作記27

三田さんパーフリングに挑む。この作業、一番神経をとがらせてナイフを使う。きっちりチャンネルにし、少しきつめに掘らなければならない。3台目のため慣れたものとはいえ、ちょっと間違うと太めになりニスがしみこむ元となる。うまく掘り終え、このドヤ顔となった。