菊地さんの MESSIA制作記29

菊地さん、パーフリングに挑む。もともとは、最初の持ち主コッツイオ・サラヴ―エ伯から”サラヴ―エ”と命名されていた。ヴァイオリン・ハンタータリシオに渡り、さらにヴィオームへと渡っていった節に、ヴィオームがタリシオさんあなたのストラディヴァりは13年たっても現れないじゃないか、まるでメシアみたいだと叫んだという。ここから”サラヴ―エ”は”メシア”と呼ばれるようになったという。以来ヒル商会が買取、現在はオックスフォードのアシュモリアン博物館に寄贈され、現在に至っている。今でも誰も触っていなかったため昨日ニスを塗ったみたいに光り輝いているという。メシアのパーフリングは普通よりエッジ側に切られている、はたしてこの微妙なラインを、氏、そっくりにほれているか???

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2019