太一君のメシア制作記13

太一君、ライニングを決め、地板のアンジュレーションだしに入る。これは、ふつうヴァイオリン、ヴィオラクラスだとノミ、カンナでまとめるが、大変か大気という事でエグリカッターで大部分削った。さらに小カンナでまとめる。いよいよヴァイオリンの形が見えてきた。

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2019