菊地さんのメシア制作記29

菊地さん、なかなか進まなかった、パーフリング、やっと完了。いよいよ仕上げのアンジュレーションを探り出す、メシアは、あまり人に触られたことがなく、ストラディヴァリが創った当時のまま保管されているという。ニスの具合など昨日塗られたような光沢をもち、手にニスが付きそうなど、と表現されている。そんなSTRADの3大名器を創れるという幸せ感を持って氏は励んでいる。そこでこの”ドヤ顔”が現れる。

と表現されている。そんなSTRADの3大名器を創れるという幸せ感を持って氏は励んでいる。そこでこの”ドヤ顔”が現れる。