石川氏のマッティオ・ゴフリラー制作記10

氏、モールドの天地平面を定盤を使って真っ平らにする。続いてネックの下加工をする。ヘッドの厚み仕上がりは37・8mm、多目に40mmとして製材する。左右上下の垂直、ヴァーティカルは絶対!!

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2019