倉沢氏のSTRAD”MESSIA”制作記1

ストラディヴァリ、メシア(1716年作)は現在オックスフォード大学アシュモリアン博物館に貯蔵されているまだかつて誰にも使用されたことがなく、過酷な気候変化にさらされることなく”完全無欠”なストラディヴァリ”と呼ばれている。倉沢氏は実物をアシュモリアン博物館で見て是非創ろうと思ったそうだ。先日完成した、アレッサンドロ・ガリアーノのチェロ,ジャンジャンなりだしている。今回の新音楽室でメンデルスゾーン”弦楽トリオ”を朗々と弾き、総檜のルームに響かせた。ストラディヴァリ自信このヴァイオリンを別格扱いして、決して手放さなかったらしい、弟子(ガリアーノ、モンタニアーナ)たちの模範モデルとして使いたかったとある。氏は、そんな作品を自分なりに創ろうと決心した!!まず、ポスターから、2・5㎜のシナベニアにトレース、バンドソーで切り抜きテンプレートを創る、さらに6㎜のべニアにテンプレートをトレース、同じようにバンド・ソーで切り抜く完全無欠のメシアのモールドが出来上がった。さあ!!メシア制作の第1歩である。