古川氏のSTRAD ”DE・MUNCK”制作記28

古さん、地板の表面完成し、天板の表面仕上げにかかる。まず。表面を仕上て裏面の厚みに挑む、裏面の厚みは音の根幹を決める。氏、ヴァイオリン2台仕上ているためその辺の要領は心得ている・・・。

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020