石川氏のマッテイオ・ゴフリラー制作記15

石川さんも体調崩していたが元気になって、張り切って制作している。この趣味は人を元気にする要素がある。地板はほぼ完ぺきに終了、天板のラフ削りに入る。小カンナ、ノミ随分慣れてきて自由に扱っている。天板は顔であるゆえ、慎重に運ぶ。ここまで来ると大分先が見えてきて、会心の笑顔が出る・・・!