高橋文人氏のブラザー・アマテイー制作記27

ぶんさん、いよいよ天地の仕上げにかかる。氏は大変多趣味、山登り、ブロックフルーテの会、マラソン、ハイドン弦楽4重奏全曲弾く会、都築オケのヴィオラトップ、八面六臂の活躍である。天地仕上げ完了、続いて内面の整備にかかるボール盤でガイドホールを開けそれにしたがって、エグリカッターで掘り込む、ここまで丁寧に仕上げてきたわけで、これからが肝心の音につながるぶんさん張り切ってやってやーー・・・。アフター飲み会をそこそこにベートーベンの弦楽トリオにいそしむ氏であった。