高橋氏のブラザー・アマティ―ヴィオラ制作記30

ぶんさん、着々進んでいる。等高ラインをはかり、天地、左右、寸分たがわず、仕上げる。大体終わって、F字孔のデザインを創る。左右広めのためバランスを見ながらトレースする。・・・・!

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2019