クラウディオ君のIL・CANNON制作記17

クラウ君、いいペースで進んでいる、氏はひょうきんもので工房での人気者である。天地板を閉じ、がたつきを完ぺきに取り、いよいよ最難関パーフリングに挑む、これをきれいにあげないと商品価値はぐっと下がる・・・。パーフリング・カッターで線を引きその線を絶対に脱線しないように切れるナイフで深さを創る・・・。クリーナーで溝を創る。クラウ君順調にこなして満足げな”ドヤ顔”となる。