高橋氏のヴィオラ”ブラザー・アマティー”制作記11

氏,大分進んできた。F字孔の完成でいよいよ表板を閉じる…。何とか展示会に間に合わせたいがぎりぎりのところか?苦労したFの株もうまく修復して”まあ!いいかポイント”をリカバーした。ここからサラに気を入れていこう!