篠田さんの”スリーピング・ビューティー”制作記13

篠田さん、ボール盤で苦労して切り抜いた。さらに毛引きで、7mmの幅を設定、毛びく。さらに、地板上面のアンジュレーションを創りだすために、底面の平面を削り出す。篠田嬢、仕事は早く正確である。この平面を確実に出し上面の等高ラインをひく。