古川さんの”DE・MUNCK”制作記39

氏、苦節2年ついに天板を閉じるとこまで来た。バスバーをセオリー通りに削る。モールドのプロテクターを取り除き、地板を閉じる。さあ次回はホワイトムンクの出来上がりである。カワグっちゃんと大西君の祝福を受ける。