篠田さんの ”Sleepinng・ Beauty”制作記27

12月4日に間に合わせるべく急ピッチで仕上げにかかる。ペグを合わせ、ブリッジを立てる、弦を張る、篠田嬢してやったりの”ドヤ顔”である。腹に響く低音、天まで届く高音、素晴らしい出来である。高橋さん、クラウディオ君に祝福され、新記録の最短時間で仕上げた、満足感あふれる顔であった。ホワイトでは?ちょいと気がかりと下地のファブロスを塗って目止めとし、さらにGervを塗って多少色を付ける。