堀井さんの”MESSIA”制作記4

ライニングを完ぺきに貼り、続いて以前からハギっていた天板をバンドソーで斬る。氏、チェロを創り上げているので余裕綽々、地板も長尺カンナで難なくハギ面を出す。・・・・余裕の表情である。来年4月は第6番”田園”、6月のべルリン,”ヴァインヤード”での”第九”演奏会にも夫婦でエントリー。ベートーベンずいている・・・。