堀井さんの”MESSIA”制作記10

堀井さん早くもバスバー取り付け、ネックの底面の整備、83度、ヴァーティカル、平面を保ち、ほぼ完了、仕事は相変わらず早い。自宅工房の威力である。ベートーベン第6、第9を演奏会でやる。しかもヴェルリンのカラヤン・ホールで自作チェロの披露。すごいの一言!!