堀井さんの” MESSIA"制作記完成編

4月16日、隣の公園、は満開、小宅の庭にもたった1輪咲いた。実に10回目でMESSIAが完成した。早い、自宅工房の威力を充分に発揮した。魂柱立てに相当苦労したらしいが、マエストロたる者この作業は必須である。指板とネックの調整、ペグのフィッテイング、ブリッジの調整を終え。弦を張って音だし。いい音が響き渡った。23日のアタッカ・クアルテットのヴァイオリニスト”エイミーさん”に音だしを頼むため今日完成した。このドヤ顔となった。