高山氏の”BETTS”制作記11

相変わらず日・米・欧と飛び回っている。バリバリの時代・・。小生にも氏の年には全国飛び回って営業していた。なつかしい!?、氏はそんな”忙中閑あり”でBETTSを創っている。

天地板の表側をほぼ完成。等高ラインを弾き、左右のバランスをスクレーパー、小カンナ、ペーパーで整える。いよいよ裏側の微妙な厚みを決める。音のバランスはその手さばきにかかっている。