古川氏の”クライスラー”制作記5

”DE・MUNCK”を仕上げ、クアルテット制作、最後のVNデルジェス ”クライスラー”に挑む。以前から継続していたC字コーナーの厚み1・3mm-1・5mmに整え、ヴエンディング・マシンで曲げ、装着。さらに以前に開けたペグホールが曲がっていたと、穴をあけ象嵌する早くもリカヴァリー、こんな工程をしながら実績で良い音が出るから不思議な人である。