ターヘー楽団のピアノ合わせ

一升瓶ワインの1番似合うピアニスト榊原紀保子先生が来房、久しぶりに一級ピアノと合わせを行った。みんな嬉々として自分の持ち曲を弾いた。ベートーベンのピアノトリオ1の1、初見だったが弾けた。尾中君、のクラリネット参加絵になった。久しぶりの南さん、倉沢先生、チェリストの堀井さん今回はヴァイオリンでクロイツエル。古川さんの”初恋”ずいぶんうまくなった。