篠田さんの”DAVIDOV” 制作記35

すごいスピードで進んでいる。小生のブログ制作も追い付かないほどの勢いだ!!まず仕上がったネックをボディにおいて1mm内側を鉛筆でトレースする。のこで切る。突きのみで天側6・25mm-地側10mmで”あり加工”する。ここがチェロ制作の最難関の作業である。やすりを使って徐々に”あり”に向かって埋め込むように削っていく。そのとき寸分のすきなくフィットさせなければならない。組み込んでみてネックの曲がり、指板の曲がり、すべてOKとなれば、いよいよ来週はにかわで止める。ここまでくれば、出来たあかつき夢を見てのチェロ演奏。篠田嬢嬉々としてアイクラを演奏する。