篠田さんの”DAVIDOV”制作記35

さあ!中のあんこ外しである。もうちょっとモールドを簡単に外す、創りを考えなくてはならない・・・。いつもそおいいながらいいアイデアのモールドができない。課題である。篠田さん四苦八苦しながら、のこ、のみ、カンナで仕上げる。すごい根性と情熱だ!!画家である篠田さん。オリジナルのラヴェルを張り、いよいよダヴィドフのホワイトチェロを閉じる。してやったりの”ドヤ顔”である。