三田さんの”ピエトロ・ジャコモ・ルジェーリ”制作記62

最近、庭の、キューり、トマト、ナスが豊作らしい。酒のつまみにと持ってくる。確かに氏の作品創りと一緒で何事にも手を抜かない・・。したがってうまい!!これはチェロ創りにも匹敵する。必ず感激の音に合える。芸術とはそんなものか??最後の工程ネック創り、絶対の左右シンメトリー、懸案のかんざしもなくなり左右のバランスが取れてきた。チェロの演奏にも力が入ってきた。月2回のゾノ先生の特訓にも耐え、指のバランスが段によくなってきた。