古川さんの”クライスラー”制作記33

古川さん、チェロ1台、ヴィオラ1台、ヴァイオリン1台、とクアルテットを制作してきたがいよいよ完成のときが来た。ストラディヴァリも、別名”サンライズ”、”パガニーニ ”の2セットがあるだけである・・13年”メシア”14年”ブラザー・アマティー”15年”DE ・MUNCK”と完成させてきた。氏の熱意に頭が下がる。仕上がった”クライスラー”の魂柱を立て、ブリッジを表面のアンジュレーション通りに創る。おそろいのテールピース、ペグをそろえ、アッパー・サドルの弦の位置を決めいよいよ弦を張る。さあ!!音だし、依然、和美先生からの特訓のレッスンで”初恋”を朗々と奏でる。ボリュームのある低音、美しい高音、大満足の仕上がりであった。クアルテットの完成である。

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020