篠田さんの”MESSIA”制作記11

チェロを1年で仕上げるヴァィタリティー・・・。ヴァイオリンの削る量は1/10篠田さんにとっては実にたやすい量である・・。表面のアンジュレーション、特にC字コーナーはスクレーパーで丁寧に仕上る。そして音の根幹、裏側の厚みをメシアの設計図通りに削る。ポツ単位の追求は絶対である。