菊池さんの”DAVIDOV”制作記44

最近、チェロを弾くことに目覚めた84歳翁である。ヴァイオリンは幼少のみぎりから、やっていて”カンツオネッタ”を弾く腕前である。チェロは座って弾けるということで体に楽である、とのたまう・・。いよいよ天板裏側のアンジュレーションが完成に近付いた。電動やすりで表面をきれいに磨美する。裏側の削りはチェロ全体の音を決める、大事な削りである。