東園さんの”Sleeping・Beauty”制作記 13

氏、2台目のビューティーに挑んでいる。今回はクレモナ、パナベッチョの森から調達した、100年の材をそろえ、挑んでいる。なぜか顔を傾けている?。どうも定磐に置いたときがたつきが起こるという。最初の大事な工程であるだけに、ここは慎重、またまた膠はがしにかかる3度目である。なぜか嬉しそう・・・?膠付けてる間に、アンダーヴァウツの横板を削る。そうこうしてるうちに時間切れ・・・。今4人いる弟子へのレッスンである。教え方は優しく、うまい、生徒たち、そこそこ弾けるようになっている・・・?