大忘年会

あっという間の1年であった。恒例の大忘年会を開催した。紀保子先生、和美先生、つまみは恒例の寿司とピザ、ワイン、酒、ビール、飲むほどに、弾くほどにボルテージは上がりっぱなし。ベートーヴェン、ピアノトリオ1の1、モーツアルト、ケッヘル80番、カッチーニ、アヴェマリア、4重奏、等々散々楽しむ…。みんなうまくなり、”創って弾く“この工房是”に近付いてきた。なんと言っても、盛り上がったのはピアノ、ヴァイオリンの生伴奏による歌であった・・・・!?やはり酒席は楽器より歌か??